大学生の休日にもってこい!埼玉の観光スポット3選!

慶應義塾大学環境情報学部3年のしゃくです!

今回は私がおすすめする埼玉の観光スポットをお伝えします!

埼玉県には川越をはじめとする観光地もありますが、今回はムーミン好き、人混みより自然大好きな私がおすすめする自然たっぷり埼玉県飯能市付近にある観光地を紹介します!

埼玉ってあんまり旅行で行かないかもしれませんが、めちゃくちゃ心癒されるスポットなので、皆さんにもぜひ足を運んでいただけたら嬉しいです!

「ムーミンの世界へようこそ!」ムーミンバレーパーク

私すっごくムーミンが好きなんです!あのフォルムは癒し効果抜群ですし、でも本を読んだりするとすごく現実的かつ哲学的なことが書かれてあるギャップの塊です。

ムーミンバレーパークは埼玉県飯能市というところにあります。

一歩足を踏み入れると本当にムーミンの国にいるような感覚になります。ムーミンはフィンランドの作品で、その世界観は北欧の国に似ています。

ムーミンバレーパークもその建物や景色が本当に北欧感たっぷりです。

湖どーん!緑どーん!という感じです。

自然がたっぷりの中に、ムーミンの物語で出てきたさまざまな建物、モチーフが建てられています。

ムーミンパーク入り口の近くにあるムーミンのシルエットに抜き取られた本のモニュメント。

どこもかしこもミーミンだらけでムーミンファンにはたまらないです♡

ムーミンのお家です。実際におうちに入ることもでき、ムーミンの生活をのぞいてきました!

ムーミンの仲間たちによる劇も見られます!ムーミンって深いですよ。哲学です。是非是非皆さんにも体感していただきたい!

ムーミンバレーパークにはたくさんの体験施設があります。もちろんムーミンの資料館であるKOKEMUS(コケムス)もあります。

ムーミンの作者のとーべ・ヤンソンさんにまつわることもたくさん知ることができますし、みーちゃんもスナフキンもその他のキャラクターもたくさん登場します!色々な場面が再現されていて、フォトスポットもたくさんです。みーちゃんと一緒のポーズで撮ってみました。

フォトスポットもたくさんあります!インスタでたくさんの方がムーミンのお家と写真を撮っていたので真似してみました。

園内の建物では、たくさんのアトラクションが開催されているので、ぜひ全てのアトラクションをコンプリートしてみてください。ムーミンが好きな人もそうでない人もみんなが楽しめるゆったりした空間です。

公式サイトはこちら

「リアル北欧の国」あけぼの子どもの森公園

ムーミンバレーパークに関連してよく観光スポットに上がるのが、「あけぼの子どもの森公園」です。

無料で入れてしまう公営の公園なんですが、その中の景色が思わず感嘆の息が出てしまう、本当に綺麗な公園です。北欧の自然の再現されたそうで、公園内には、ユニークな建物がたくさんあり、どこからとっても綺麗な景色です。

まるでどんぐりみたいな建物ですよね♪

紅葉の季節に行くと、木々の紅葉が綺麗です。公園内には観光客の方より地元の方が多く、すごくゆったりとした時間が流れていて、いつまででもいられる場所でした。

公園内にはカフェもあって、ご飯を食べたりしてゆったりすることができます。

公式サイトはこちら

「アメリカのまち」ジョンソンタウン

最後にご紹介するのが、かつてアメリカ人の方が住んでいた街、ジョンソンタウンです。

行ってみると思ったよりアメリカで、思ったよりコンパクトなまちでした。全ての建物はドラマで見るようなアメリカンな建物で、そこで今はさまざまなレストラン、カフェ、雑貨屋さんが軒を連ねています。ここもゆったりとした雰囲気で、写真を撮ったりさまざまな雑貨屋さんやパン屋さんを巡りながら過ごすことができます。

カフェもすごくアメリカン!な感じでした。

本当にさまざまなお店があるので夜ご飯をどこのお店で食べるか決めるのに1時間ぐらいまちをぐるぐるしていたんじゃないかな笑

クリスマス前に行ったのでどこもかしこもクリスマスツリーがありました。海外が好きな方にはぜひ行っていただきたいです!

公式サイトはこちら

最後に

今回は埼玉県の観光スポットを紹介させていただきました。ムーミンパーク、あけぼの子どもの森公園は北欧チックな場所、ジョンソンタウンはアメリカの街が再現された素敵な場所になっていました。

大学生活はオンラインでの授業などで飲み会やサークルなどザ・大学生という生活をすることは難しくなってしまっていますが、これを機に自分がなかなか足を伸ばせない場所を訪れ、ゆったりとした時間を過ごすのも大学生の醍醐味ですね。

私は1泊2日のコースでこの3つの場所を巡りました。ゆっくり自然と文化を満喫するコースのご紹介でした!皆さんもぜひ巡ってみてくださいね♪

しゃく

しゃく

慶應義塾大学 環境情報学部

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

1+

この記事をシェアする