千葉大学に通うならココ!一人暮らしのススメ~西千葉編~

こんにちは!めぐみです。

大学生の一人暮らしってなんだか不安だなと思っていませんか?

今回は、千葉大生の一人暮らしおすすめエリア休憩にぴったりなスポットについてご紹介します。

特に以下に当てはまる人は、是非最後まで読んでくださいね。

  • 大学生になったら一人暮らしがしたい
  • 一人暮らしに憧れているけど、不安もある
  • 千葉大生のリアルな生活について知りたい

西千葉キャンパス近くの2大エリア

千葉大学には5つのキャンパスがあります。
最も主要な西千葉キャンパスに通う学生の多くは、次の2つのエリアのどちらかに住んでいます。

千葉大学の資料を請求する

駅も大学も近い西千葉エリア

大学のある西千葉エリアは、様々な面でとても便利な場所です。

JR総武線の西千葉駅から大学までは徒歩1分で着きます。
駅のそばにはふらっと買い物に立ち寄れるペリエ西千葉や西友があるので、日用品の買い物はそこで済ませる人が多いです。
手頃な価格で食べられるファミレスやチェーン店が沢山並んでいるのも、学生にとってありがたい環境です。

電車で隣の千葉駅に行けば、駅に直結したショッピングセンター等があります。
千葉は大きな駅なので乗り換えが便利ですし、休日に洋服を買ったり、友達と少しリッチな食事をしたりするのに最適ですよ。

このように施設が充実している西千葉エリアですが、1つ気をつけるべきことがあります。

それは、西千葉エリアから最も近い門が、多くの学部棟から遠いことです。

先程書いた通り、駅から大学の敷地までは1分で行けます。

ただ、ほとんどの学部棟や図書館、食堂などは敷地の真ん中にあり、西千葉エリアにある門(南門)からは少し距離があるのです・・・。

慣れればそこまで苦ではないと思いますが、ギリギリの時間に家を出ると「授業に間に合わない」なんてことになりかねません💦

朝起きるのが苦手だなという人は、鑑札を付ければ自転車通学ができるので安心ですよ。

ちなみに千葉大学は自転車通学がとても多いです😲

穏やかで治安の良いみどり台エリア

大学から少し外れた場所に、京成みどり台駅があります。

みどり台エリアは、歩いて20分、自転車で行けば5~10分ほどで大学まで行けることもあり、西千葉エリア同様千葉大生が多く住んでいます。

このエリアのポイントは、静かで暮らしやすいことです。
周辺には小中学校や住宅が多く、西千葉にあるような大通りが少ないことが理由だと考えられます。

私は住み始めて3年目ですが、線路沿いでなければ電車の音も聞こえにくく快適ですよ🙆

インドア派でおうち時間が長い人や、学校から少し遠くても良いので閑静な場所を選びたいという人におすすめします。

1つ残念なのは、西千葉の西友のように大きなスーパーがないことです。

一人暮らしになると、トイレットペーパー等のかさばる買い物が定期的に必要になります。

「授業や部活の帰りに、大きな荷物を抱えて遠くの家まで…」なんていう状況はできるだけ避けたいですよね😢

ちなみに私は西友のネットスーパーをよく利用しています。

出かける手間を省けるので、オンライン授業で家にずっといる時でも安心です。
(ただし食品の場合、賞味期限の近いものが届くことがあるので気を付けてください!)

私の友達は、電車で隣の稲毛駅に買い物に行くこともあると言っていました。

京成線はJRに比べると空いていることが多いので、一人暮らしで楽をする一つのコツといえるかもしれません。

大学周辺のおすすめ休憩スポット

大学生は基本的には自分で授業を選択することになります。

そのため、曜日によって忙しさや体の疲れ具合が変わり、1日のリズムが崩れてしまいがちです。

それに、一人暮らしとなると家に一人でいるのは寂しいと感じることも多いです。
でも、休憩時間に何もせずダラダラと過ごしてしまうのは、ちょっともったいない気がしませんか?

ということで、私が実際に活用している休憩場所をいくつか挙げてみたいと思います!

講義室

定番中の定番ですが、講義室で休憩する学生は結構います。

千葉大学の場合、1年生の時は大きな部屋を使用する機会が多く、同じ場所で授業を連続して受けることもあります。

授業と授業の間に少しおしゃべりしたりお菓子をつまんだりといった感じです。

退屈に思えるかもしれませんが、様々な学部の人達と知り合える機会でもあるので意外と楽しいですよ♪

廊下やベンチ、階段

昼休み等の比較的長い休み時間は、廊下や外に設置してあるソファ・ベンチをよく利用します。

千葉大学は学生数のわりにご飯を食べられるスペースが少ないので、本当に場所に困ったらキッチンカー前の階段に座って食べることもあります(笑)

コロナ前には、ダンスやアカペラのサークルが練習しているのを見ることができる外の席が開放的で好きでした👍

図書館

図書館といえば、本を読む場所というイメージが強いかもしれませんが、大学生になると休憩場所としても有効活用することができます。

静かに勉強したい人、友達と話したい人等、それぞれが使いやすいような設備が整っている場合がほとんどです。

また「無料で何度でも入れる」というのは、その大学に通う学生の特権でもあります。「時間あるし休憩ついでに1冊手にとってみようかな」なんていうのもアリです!

ちなみに、千葉大学の図書館は2014年にリニューアルし、過去にグッドデザイン賞や千葉市都市文化賞を受賞しています✨
ガラス張りのきれいな建物で、大学のホームページにも頻繁に登場します(笑)

イングリッシュハウス

千葉大学にはイングリッシュハウスという施設があります。

1階はアエレという名前のカフェ、2階は英語の簡単なレッスンを受けられる空間になっています。

アエレカフェでは、カレーやパスタ、スイーツ、飲み物等が注文できます。
私も何度か利用しましたが、ゆっくり美味しいものを食べられました♬

2階のスペースでは英会話を楽しめるイベントが月に何度か開催されています。
SA(スチューデント・アシスタント)と呼ばれる学生スタッフがおり、気さくな人が多いので初心者でも大歓迎してくれます(笑)

ちなみに、「イングリッシュハウス」という名前が付いていますが、レッスン以外では日本人の友達と日本語で談笑しても全く問題ないので安心してくださいね。

<校外>カフェ

大学の外にも、休憩にもってこいの場所が沢山あります。

なかでも私がおすすめするのは、JR西千葉駅から徒歩4分のカフェ・ル・グレです。

ランチの時間は、サラダとドリンクの付いたパスタ等のセットを楽しめますよ。
店内は洞窟のようになっていてとてもオシャレです!

クルトンの入ったサラダ
たらこのパスタと紅茶
お会計の時につい買ってしまったケーキ

税込1078円~なので学生にとっては少しハードルがありますが、1年に1度くらいはここで友達と「お食事」したいですね。

最後に

一人暮らしは最初不安もありますが、実際にやってみると今までより自由に行動でき、案外楽しく感じられるはずです。

大学近辺には多くの学生が住んでいるので、困ったら助け合いの精神で乗り越えていきましょう(笑)

皆さんの一人暮らしに対するイメージがよりポジティブになっていたら嬉しいです!

千葉大学の資料を請求する
めぐみ

めぐみ

千葉大学 文学部 人文学科 国際言語文化学コース

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

21+

この記事をシェアする