森下花音の未来設計図~大学生インフルエンサーの素顔~Part1

”大学生インフルエンサー”ってなんだ??

千葉大学ミスコンテスト2019グランプリ、全国のミスキャンパスの中から日本一を決めるMISS OF MISS CAMPUS QUEEN CONTEST 2020では準グランプリを受賞した、森下花音さんにインタビューしてみたよ~🎤

撮影協力:千葉大学

森下花音 (もりした かのん)
千葉県立船橋高校卒業。現在、千葉大学の3年生。千葉大学ミスコンテスト2019グランプリ、全国のミスキャンパスの中から日本一を決めるMISS OF MISS CAMPUS QUEEN CONTEST 2020では準グランプリを受賞。将来の夢であるアナウンサーの実現のため、大学生活のかたわら、サロンモデル、競技チアダンスチームでなどでも活躍。

自己紹介・経歴

ーまずは自己紹介と簡単なご経歴を教えてください。
千葉大学3年の森下花音です。
学部は教育学部で、小学校コースの教育心理学を専攻しています。1年生の時に千葉大学のミスコンに出させていただいてグランプリをいただいたのと、あとその冬にミスオブミスというコンテストにも出させていただいて、準グランプリをいただきました。
現在はSNSで主にインフルエンサーとして活動しています。

大学生インフルエンサーってなに??

ー大学生インフルエンサーとは、なんですか?どんなことをするのでしょうか。
私は事務所には所属していないので、主にSNSでDMをいただいて、お仕事するっていう形なんですけども、主には商品を使ってみて、こういうところがいいよーっていうのを、PRしたりだとか、あとはモデル系でいうと、サロンさんの撮影でしたり、ポートレートの撮影とか、あとはインタビューのお仕事もさせていただいてます。

ー実際、どのような企業や商品のお仕事をされていますか?
撮影では大学生に向けのパソコンのモデルをさせていただいたり、あとは「MERY」というWEBマガジンのモデルや専属のインフルエンサーとして活動しています。

ーそれは森下さんのSNSに直接連絡が来るのですか?
そうですね。直接連絡が来ることもありますし、「MERY」はオーディションもありました。

ーどうしてインフルエンサーの活動をしようと思ったのですか?
今思い返してみれば昔から、こういった活動をしたい!って思っていて、だけど、こういう目立つことをすると、周りの目もちょっと気になるので、高校生の時は、踏み出せずにいたんですけど、大学に入ってからミスコンに出させていただいたことがキッカケで、自分のやりたいことを、今、やっておこうと思えるようになり踏み出しました。

ー実際やってみて楽しいですか?
はい、楽しいです!

ーインフルエンサーの活動で特にどんなところが楽しいですか?
たとえばメイクさんにメイクをしてもらったりとか、衣装を選んでもらったりとか…。
自分じゃできないことなので、いつもと違う自分になれたり、カメラマンさんが綺麗に撮ってくれたりすると、データ見たときにテンション上がりますし、家族とかにも見てー!綺麗に撮ってもらったよー!ってすぐに知らせるんですけど、そういうところが楽しいです。

ーご家族も応援してくれているんですね。
はい!応援してくれています。

ーどうやったらインフルエンサーになれるのでしょうか?
今はSNSが主流なので、SNSを初めて、公開アカウントにして、誰でも見れるようにして、ハッシュタグを使って拡散をして、見つけてもらうっていうのが一番良いかなと思います。

美容へのこだわり

ー人に見られる事が多いお仕事だと思いますが、美容へのこだわりはありますか?
私は乾燥肌なので、保湿をとりあえずたくさんやるっていうところですかね。
あとは、ブルべとかイエベとか、自分に合ったメイク用品を使うのが大事だと思っていて、私はイエベなので、オレンジ系を使ったりとか。そういったところも気にしています。

ースキンケアは例えばどのようなものを使っていますか?
そうですね、、私は今「無印良品」を使っているんですけど、無印は乾燥肌用とか敏感肌用とかが分かれているんです。なので私は乾燥肌用の高保湿のものを使っています。

ーメイク用品で、お気に入りのブランドなどはありますか?
大学生になってから、今愛用しているのは、DIOR | ディオールの9色のパレットのオレンジ色のやつを使っています。
9色もあるのでその日の気分によって変えられるし試せるので、すごくお気に入りです。

ファッションのポイント

ーファッションについて譲れないポイントはありますか?
ワンピースにこだわりがあって!
今日もワンピースなんですけども、「ワンピースが似合う女になりたい!」と思っていて。
私の雰囲気的にも、パンツスタイルよりスカート派だと思っているので、でもその中でもワンピースだと一枚で着こなさないといけないので、自分に本当にあったものを選んだりとか、形とか色味とかも気にしています。

ー今日のお洋服も素敵ですね!
ありがとうございます!
今日はグリーンなんですけど、モスグリーンぽい感じがイエベに合うと聞いたので、これを選びました。

ーワンピースをよく購入されるとのことですが、お気に入りのブランドなどはありますか?
LILLIAN CARATっていうお店ですね。
最近はまりだしたお洋服のお店で、ワンピースも多いんですけど結構カジュアル系だけど、甘目も入っている大人っぽい感じのお店です。

ー大人っぽい感じは意識されているんですか?
はい、意識しています。
顔が幼いので、見た目でもうちょっとお洋服とか変えられる所で大人ぽっくなりたいなと思ってこだわっています。

ミスコンの経験

ー先ほどミスコンについての話が出ましたが、そもそもミスコンとはどういうものなのでしょうか。
私は大学のミスコン、全国のミスコンと両方に出たんですけど、大学のミスコンは千葉大学の生徒全員の中で、立候補や推薦で出る人の中からグランプリと準グランプリを決めるという感じですね。

ーミスオブミスは、全国大会なのですよね。
はい、そうです、ミスオブミスは、”ミス” “オブ” “ミス”なので!
大学のミスの中のミスを決めるっていうコンテストで、全国の大学のグランプリと準グランプリだけ出れるんですね。その中でまたグランプリと準グランプリを決めるっていうコンテストです。

ーそんな大会で準グランプリを受賞されたのですね。すごいですね!
ありがたいことにwwww

ーミスコンでは具体的にはどういった審査があるのでしょうか?
毎日投票があります。あとはSNSの審査ライブ配信ですね。
ライブ配信の順位、獲得ポイントも大きいと思います。

ーライブ配信を見てファンの方が投票してくれるのですね。結構それが大きいのですか?
大きいと思います。たぶん割合は公開されてないので、わからないんですが、毎日ある投票はすごく大きいと思います。

ーその中で勝ち上がっていくことは大変なことでしたか?
大変ですね、、ミスオブミスだとそのファイナルっていうのがあって、予選とファイナルで分かれているんですね。
私の時は40人くらい予選に出ていて、ファイナルで20人になるので、そこでもう1回審査があるんです。

千葉大のミスコンから最後のミスコンまで合わせると、全部で9カ月くらいの長い期間のコンテストなので、ちょっと疲れちゃったりていう時もありますし、SNSも毎日頑張らなきゃいけないので、精神的にも来る時がありましたね。

ー色々と気にかけることがあり、大変だと思います。その中でも一番努力したこと、頑張ったことはなんですか?
私はその1年生でミスコンに出たので、その割と珍しいんですね。
2年生とか3年生とかが多いので、見た目も若いじゃないですか。だから子どもっぽさがあるというか。そこを活かそうと思って、親近感とかや幼っぽさを全面に出していこうと思って。
加えて毎日SNSを投稿しました。一日一投稿は必ずやるって決めて、で、毎回その今日も投票お願いします!ってことを入れて、はい、やっていました。

ー準グランプリを受賞したときはどんな気持ちでしたか?
いやぁ、まさか、、!って気持ちでした。本当にファイナルにとりあえず残ろうと思って、エントリーをして、、
でやはりその皆さん綺麗なお姉さんたちで、私なんか、、、ってずっと思っていて。。なのでもう、自分がやれることだけを全力でやろうと思ってたので、
結果はまぁついてきたらいいなっていう程度でした。

動画インタビューはこちら

森下花音の「未来設計図」Part2は近日公開予定!
みなさんチャンネル登録してお待ち下さい~!

チャンネル登録はこちら
ウカルメ編集部

ウカルメ編集部

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

2+

この記事をシェアする