大学生活スタートガイド【入学後にするべきこと編】

大学に晴れて入学した後、何をしなければならないのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう!!!

①履修登録をしよう

履修登録とは、どの授業をとるのかを決めることです。この履修登録はとても大切なので、慎重に行いましょう!

履修登録は、ひとりで行うのはとても難しいです。同じ大学に通っている先輩や友達、入学前にSNSでつながった友達などと相談しながら行いましょう!

ほかにも、入学前後に大学から履修登録書類が届きます。その書類や大学生が発行する授業の評価が載っている本(早稲田大学の場合はマイルストーン)を参考にしましょう。

  • オンラインor対面といった授業形態
  • レポートかテストかといった評価方法

など大きく異なるので、自分に合う授業を選んでください!

大学によっては、1年間で履修することのできる単位の数が決まっているので、前期に何単位をとって、後期に残り何単位をとるのかなどの計画を練って行ってください。

②サークルを探そう

大学生は主に、サークルで友達を作ることになります。いわゆる、大学生にとっては、高校でいうクラスみたいなものです。大学生のほとんどの人が入っています。

新入生はサークルは、最初は2~3つ入っておくことをおすすめします。そうすることによって、いってみて合わないと思ったときに、すぐにやめることができるからです。

また、新入生歓迎会では、1年生はご飯をおごってもらえることが多いので、新入生の方(特に一人暮らしの方)はぜひたくさん行ってください!!

③アルバイトを決めよう!

大学生の多くの人がアルバイトを始めます。

アルバイトをすることによって、得ることのできる知識やスキルは多くあります。私は、塾のアルバイトをしています。生徒の親御さんとお話する機会が多いため、電話のマナーや正しい敬語を身につけることができます。

アルバイトのやりすぎによって、大学の勉強がおろそかにならないように、大学生活に慣れる前の4月、5月の時期はシフトを少なめにしておきましょう。

かいと

かいと

早稲田大学 商学部

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

2+

この記事をシェアする