現役大学生の夏!おすすめ3選

受験生のみなさん!こんにちは!ぱおです

今の時期、受験生のみなさんはスパートをかけている頃だと思います。しかし夏はたくさんのイベントがあるため、ついつい遊びたくもなると思います。

今を辛抱すれば憧れの大学生になることができます!
そして約二カ月間の夏休みもあります!

そこで今日は、みなさんのモチベーションにつながるよう、大学生の夏休みについてお伝えしたいと思います!

高校生の皆さん、夏休みといえば何を想像しますか?

大学生の選択肢は無限大!

高校生である以上、年齢の制限から遊びに行くことのできる場所も限られます。また金銭面でも、お金のかかるイベントは行けてもせいぜい数回程度が現実ですよね。

筆者も高校生のころ、やりたいことはたくさんありましたが、実現することができたのはわずかでした。しかし、受験を乗り越え大学生になると、遊びの選択肢が増えること間違いなしです!

まず、大学生になると免許を取ることができ、車の運転が可能になります!
大学生にとってドライブは、遊びの定番であると言っても過言ではありません。近場の観光名所や海沿いのドライブや、免許持ちの友人複数人と遠方の観光名所に行くのもよしです。

かくいう筆者も、高校生時代は旅行経験があまりありませんでしたが、大学1年生時には、有名な観光地には一通り行くことができました。周りの友人に、ドライブで日本一周をした人もいます。それほどドライブというのは大学生にとって欠かせない要素です!

また、大学生になると自由に使えるお金が格段に増えるというのも魅力の一つです。夏休みは、自由な時間が多くなるのでアルバイトやインターンなど自分で調整してお金を稼ぐことができます。

稼いでいる金額は人によって大きく異なりますが、月に10万円稼ぐ人も珍しくはありません。高校生時代の限られたお小遣いやお年玉などを使っていた頃と比べると、その違いは一目瞭然です。やはり自分で稼いだお金で何かをするというのは、人生においてかけがえのない思い出ができること間違いなしです。

以上のように、車を運転できるようになり、自由に使えるお金も増えた大学生活。具体的に何をして遊んでいるのか、気になりますよね。
以下は、筆者の経験や周りの友人などに聞いた、大学生のおすすめの遊びを厳選してお伝えしたいと思います。

大学生の夏の定番!軽井沢旅行

1つ目は軽井沢旅行です!

全国に数多くの旅行スポットがありますが、その中でもホットスポットは軽井沢です。大学生ならほとんどの人が軽井沢旅行の経験があります。なぜそこまで軽井沢旅行をおすすめするのか。

大きく分けて理由は、豊かな自然、おいしい食べ物、アクセスの良さです。
まずは、豊かな自然です。

軽井沢は長野県と群馬県をまたいだ場所に位置します。みなさんは長野県や群馬県といって何を思い浮かべるでしょうか。

両者に共通して言えることは、豊かな自然に満ち溢れているということです。
都会ではめったに見ることのできない野草や花、森、など非日常的なものだらけなのです。自然にはリラックス効果も認められており、慰労や気分転換という意味で最適な場所といえます。

夜になると、夜空一面の星空が広がります。夏は特に顕著で、思う存分に星空を楽しむことができます。デネブ、ベガ、アルタイルからなる夏の大三角形やその他いろいろな星座などを見つけてみるのも、みなさんにとって思い出に残る経験になること間違いありません。


次は、おいしい食べ物です。

軽井沢ではその土地で取れた名産品を味わうことができます。前述したように、軽井沢と群馬県をまたいだ場所に位置しているので、一回の旅行で2つの県の名産品を味わうことができるのはとてもお得ですよね。

長野県だと、野沢菜やおやき、フルーツが有名で、群馬県はこんにゃくや、うどんなどが有名です。軽井沢駅周辺へ車を走らせると、さまざまな名産品を味わえるお店がたくさんあります。

お店がとても多いのでどのお店に行くか迷うこと間違いなしです!
どのお店に行くのか友人と話し合うのも旅行の醍醐味ですし、選びきれない場合は、色々なお店で少しずつ味わうのもありです。


最後はアクセスの良さです。

東京駅から軽井沢駅までは新幹線が通っており、1時間ほどで東京から軽井沢まで行くことができます。

価格も片道5000円ほどで大学生にとって嬉しい価格だと思います。また、乗り換え要らずのため、電車に不慣れな方でも安心して旅行を楽しむことができると思います。もちろん車で行くのもありです。

軽井沢は、都心に比べて交通量も少なく、道幅が広い道路が多くなるので、運転免許を取りたての初心者ドライバーにもおすすめです。

みなさんも大学生の夏休みに旅行するなら、ぜひ軽井沢を訪れてみてください!

サブカル大学生必見!音楽ライブ

2つ目は、音楽ライブです!

年中音楽ライブは開催されていますが、夏には特に大きなものが開催され、音楽好きにはたまらない季節です。音楽ライブはお金もかかるし、場所も様々なところで開催されており、高校生のみなさんはこれまでに、行きたいけれど諦めていた人も少なくないと思います。

筆者含め、周りの友人の中には大学生になってから、行き始めたという人もいるので、ライブ初心者も挑戦してみましょう!やはり生でアーティストの演奏を聞くことは格別ですので、一生の思い出になること間違いなしです!

数ある音楽ライブの中で、もっとも有名なのは、「Rock in Japan fes」です。通称はロッキンとよばれることが多いです。受験生のみなさんの中にも知っている人はいるのではないでしょうか。

ロッキンは毎年通常5日間にかけて開催されており、各日約30組のアーティストが出演します。連日参加するアーティストもいれば、特定の日にしか出席しないアーティストもいるので、事前に参加アーティストについてチェックすることが必須です。

自分が好きなアーティストのパフォーマンスをリアルタイムで見ることができるだけでも十分満足ですが、逆に今まで知らなかったアーティストにも触れることで様々なジャンルの音楽に触れることができるだけでも、行く価値があると思います。みなさんもぜひ足を運んでみてください。

何歳になっても楽しめる!海

3つ目は、です!

夏といえばの定番です!海に行かないと夏を体感した気にはなれませんよね。
近年はコロナの影響で閉鎖される海水浴場が多く、海で思う存分遊ぶことができた人は少ないと思います。

今年にやっとなって、海水浴場が増えたことで海に行くことができると思いきや、受験生の皆さんの中には5年程、海に行けていない方もいると思います。そんな皆さんに海の魅力をお伝えして、受験勉強のモチベーションにつなげていただけたらと思います。

皆さんは海に行ったらなにをしたいですか。一直線に海に飛び込むのもありですし、砂浜で海を眺めるのもいいでしょう。

しかし大学生になると、これまでに比べてできる範囲が増えます。例えば、サークルで海に行けば、チームに分かれてビーチボール大会やビーチフラッグ大会などをすることもできます。小中高では体育祭がありましたが、大学ではその類のイベントがないので、この機会におもいっきり体を動かすことができます。

また、海の家などの楽しみ方も広がります。海の家のフードやドリンクは一般の飲食店等に比べて高く値段設定がされているので、その日のために計画的にお金を貯めていれば、海の家で豪遊することもできます。期末テストやサークルのイベントなど、節目のタイミングであれば、なお楽しいものです。

以上、大学生の夏休みのおすすめ3つをご紹介させていただきました。もちろんこの他にも楽しいことは山ほどあるので、今後のブログにて随時紹介させていただきたいと思います。これをモチベーションに受験生の皆さんは勉強頑張ってください!

ぱおちゃん

ぱおちゃん

早稲田大学 文学部

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

4+

この記事をシェアする