【早大生のご飯事情】安くて美味しい“ワセメシ”ってなに?〜定番油そば編〜

はじめまして!早稲田大学文学部1年生のぱおです。今回が初めての記事となります。これから早稲田に行きたい子はもちろん、いろんな大学について知りたい子にも現役早大生のリアルな視点で大学生活について発信していきます!

今回は早稲田生になったら必ずお世話になるもの、「ワセメシ」について紹介していきます!ワセメシという言葉初めて聞いた方多いと思います!私も早稲田に入るまで知りませんでした。
意味はそのまま、早稲田の近くのご飯屋さんです!ワセメシの特徴としては安い!美味しい!お腹いっぱいになる!という点ですかね。

早大生のみんなはお昼ご飯にみんなで食べに行ったり、空きコマに行ったり、放課後に行ったり、、沢山食べて大きくなります!汗

その中でも今回はワセメシの王道、油そば編です。
早稲田大学の周りには美味しい油そば屋さんが沢山あります。
油そばを早稲田大学に入って初めて食べた人は結構多いですがみんなちゃんとハマってます。ラーメンより好きという人も多いです。
それではどんどん紹介していきましょう!

早稲田大学の資料を請求する!

油SOBA 図星

一つ目に紹介するのは図星です。ここはワセメシの人気ランキングでも常に上位に位置する人気店です。2限がおわった後はいつもながーい列が!

1枚目の写真は油SOBA(普通盛り)830円です。

魚介系の出汁が美味しくワセメシとしてはあっさり目。店員さんに言えば背脂を追加してくれます。これがまた濃厚に味が変わって美味しい!お酢、山椒、ラー油などもあるので色々試して自分好みの味を見つけてくださいね!

二枚目の写真は女性限定、レディース油SOBA 750円です。麺の量は150gと少なめで食べ切れるか心配な方におすすめ。チャーシューが豚チャーシューに加えて鶏チャーシューもついてきます!女性の方お得です!

また学生の方はライス無料でついてきます。麺を食べ終わった後に追い飯をもらって特製ダレをかけてもらいましょう。至福です。

夏にはかき氷も出ます。大変人気ですぐなくなります。

 〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1丁目101−2 東京メトロ東西線 / 早稲田駅 徒歩4分(260m)

公式twitter

公式instagram

東京麺珍亭本舗

看板メニュー油そば 並盛 600円です。
大盛り(1.5玉)は無料です!
オススメの食べ方はニンニクソースをかけることです。このソース見た目以上に美味しい、、。


また入口に「只今、無料くず肉あります」の貼り紙があったらチャーシューの切り落とし部分、くず肉を無料でトッピングできます!

背脂明太油そば 800円

期間限定でチーズフォンデュ油そばや早稲田のサークルバンカラとコラボした野バンカラ油そばなど変わり種も続々でるので何回行っても飽きません。

公式サイト

公式Twitter

油そば武蔵野アブラ学会

続いてはこちら!これぞワセメシ、アブラ学会。先輩に味が濃くて好き嫌い分かれると聞いていましたが実際学会嫌いな人は見たことありません。今まで紹介してきたどのお店よりも濃厚です。

油そば 並盛り 630円

魅惑のハリッサ油そば(限定)860円

東京メトロ東西線から歩いて約10分、都電荒川線早稲田駅から歩いてすぐ

公式サイト

油そば『麺爺』

最後に紹介するのは油そば『麺爺』です。ここの特徴は立地です。文キャンと呼ばれている戸山キャンパスのすぐ隣に位置しています。油そばの基本といえるような味付けで、油そばデビューにもってこいです。私も初めて食べた油そばはここでした。

そしてここでは500円ワンコインで油そばを食べることができます。

黒(醤油味)500円

公式twitter

公式サイト

今回はワセメシについて紹介しました。早大生になったら待っているワセメシ生活を少しでも伝えられていたら嬉しいです。

早稲田のオープンキャンパスや説明会、模試の帰りなどに行って早大生気分を味わってモチベーションを上げるのもよしです!またワセメシ随時紹介していきます。

早稲田大学の資料を請求する!
ぱおちゃん

ぱおちゃん

早稲田大学 文学部

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

4+

この記事をシェアする