【早稲田国教】完全攻略マニュアル〜英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ場所〜

こんにちは!早稲田大学国際教養学部4年のみなみです。

みなさんは早稲田大学国際教養学部について聞いたことがありますか?

早稲田大学の資料を請求する!

学生の間では、「国教」もしくは「SILS」と呼ばれており、日本国内でも有数の「英語で授業をする」学部です。

国教は英語で授業をする他にもユニークな特徴がたくさんある学部ですが、実際どんなことが学べるの?外国人ばっかり?留学したことがないから授業についていけなさそう、、といった不安を抱えている人も少なくないと思います。

私も留学経験が一度もなかったので、入学前はとっても不安でした。

今回はそんな不安を払拭するために、早稲田大学国際教養学部について徹底解説したいと思います!

海外経験のなかった私が言うので安心してください、大丈夫です!

緑豊かな大隈庭園と、そこから見える大隈大聖堂。

国教ってどんな学部?

①英語について

まず初めに、国際教養学部は名前からして英語「」を学ぶ学部だと思われがちですが、実はそうではありません。英語「」学ぶところなんです!

学部内で提供される授業は、1つの必修セミナーを除けば全て英語で行われます。よって、テストもレポートも全て英語で書きます!

でも、英語で授業なんて受けたこともないし、エッセイも書いたことがないからついていけなさそう、、、そんな不安を抱えているそこのあなた!大丈夫!

学部内には、ちゃんとwriting, listening, reading, speakingのクラスがレベル別に準備されていて、徐々にレベルアップできるような仕組みが整えられています(一定レベル以上の語学力がある人は英語科目の履修を免除することができます)。

②留学について

1年間の留学が必須なのも、国教の特徴の一つです。

留学先は、世界中にある早稲田大学協定校の中から自由に選ぶことができます。その数、なんと800校以上!!

選ぶのはとっても大変ですが、贅沢な悩みです。笑

また、他学部では「留学に行くと4年で卒業できない」なんていうケースも多々耳にしますが、国教では1年留学をしても4年で卒業することが可能です。

③他学部との違い

他学部との違いの一つとして挙げられるのが、専攻の有無です。他学部では専攻を決めてから大学に入学し、専門的な知識を深めていくところが多い中、国教では大学に入ってから多彩なことを学ぶ中で自分の興味のある分野を見つけ、深掘りしていくというスタイルが取られているのです。

なので「大学でなにを学びたいかまだはっきりしていない」「もっと幅広い分野に触れてから専攻を決めたい」という人にはもってこいの学部です!

どんなことが学べるの?

学部内には学べる分野7つがあり、その中から自分の興味のある分野を選択して学ぶことができます。

7つの分野(クラスター)

  • Life, Environment, Matter and Information (生命・環境・物質・情報科学)
  • Philosophy, Religion and History (哲学・思想・歴史)
  • Economy and Business (経済・ビジネス)
  • Governance, Peace, Human Rights and International Relations (政治・平和・人権・国際関係)
  • Communication (コミュニケーション)
  • Expression (表現)
  • Culture, Mind and Body, and Community (文化・心身・コミュニティ)

それぞれの科目は「入門科目」「中級科目」「上級科目」の3つにレベル分けされていて、学年が上がるにつれて学ぶ内容も深くなっていきます。

また、英語以外の外国語と、入門統計も履修が必須となっています!

どんな学生が多いの?

「国教には異なるバックグラウンドを持った人がたくさんいる」というのはよく言われていることで、本当に様々な人がいます。

国教生の約35%は外国人留学生で、残りはの約65%は日本人ですが、その中には海外経験を持つ帰国子女も多いです。

国教では海外経験のない日本人学生のことを「純ジャパ」と呼んだりします。私も純ジャパだったので、入学前は「帰国子女って怖そう、、」なんて勝手に怯えたりしてましたが、実際はみんな優しいので不安がらなくて大丈夫です!笑

でも、実際に海外育ちの人や海外志向の強い学生が多いので、他学部と少し違った雰囲気は漂っているかもしれません。

スタイリッシュでおしゃれな人が多かったり、新しいことにどんどんチャレンジする人が多いイメージもあります!

どんな人に向いている学部?

早稲田大学国際教養学部は

  • 幅広くいろんな分野に触れてみたい人
  • 大学で学びたいことが決まっていない人
  • 英語で勉強したい人
  • 大学生の間に絶対留学したい人
  • 様々なバックグラウンドを持つ人たちと関わりたい人
  • 語学力をアップさせたい人

におすすめだと思います。

逆に言えば、学びたいことが決まっている人、専門的な知識を必要とする職業に就きたい人にはおすすめしません。

でも、授業についていけるか心配、、

そうはいっても、英語で授業をするなんて海外経験のない人にとってはとても不安ですよね!

私も入学してしばらくは、授業を耳で聞きながらスクリーンを見てノートをとるという一連の作業が大変で、慣れるまで少し時間がかかりました(今はオンラインで一時停止できるので便利ですよね!)。

また、毎週たくさんのリーディング課題があって辛かったり、英語でエッセイを書くのにものすごく時間がかかって諦めそうになったりしたのも覚えています。

ですが、そんなものは慣れてしまえば大丈夫です!もちろん、慣れたからといって楽々課題をこなせるようになるわけでは全くありませんが、経験を積むにつれ英語を使った作業に慣れていきます。

また、日々たくさん英語に触れることで、英語への抵抗感や嫌悪感、恐怖感といったものが無くなっていくと思います。

1年時より2年時、2年時より3年時、といったふうに、頑張った末に自分の成長がわかったときほど嬉しいことはありませんよね!

国教は、留学も含めた4年間の大学生活で、知識や語学力だけでなく自分の世界を広く深くしてくれる場所です。

あなたも、友達と切磋琢磨しながら国教で学びませんか?

早稲田大学の資料を請求する!
みなみ

みなみ

早稲田大学 国際教養学部

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

3+

この記事をシェアする