大学生のうちにやっておきたいこと・身につけたいスキル9選

こんにちは!大学院生のもりもりです。

今回は、大学院生である私が大学生のうちにやっておいた方がいいな〜と思ったことをまとめてみました!
大学に進学する方、現役大学生の方などなど、参考にしていただけたら嬉しいです!

サークル・部活に入る

大学のサークル、部活に所属するということは大学の中でコミュニティを作るイベントの大変さを知る先輩から情報をもらうという3つの大事さを持っています。

大学の授業は単位制のため、高校の時のように友達を作ることが難しいです。
一般教養の授業が多い大学1年生の時はサークルや部活に所属して友達・知り合いを増やすことがベターだと思います。
また、サークルに所属していると飲み会や追いコン、旅行などのイベントが多くあると思います。大学の思い出作りとしても大事ですが、大人数で行動するためにイベントの計画を練ることなどは社会人になってからも必要とされるスキルなので、経験しておいて損はないです!

そして、1番大事なことは授業やテストの情報を先輩から教えてもらうことです。

専門性の高い大学の授業はテストの難しい科目も多々あります。対策を練るために先輩から過去にどのような問題であったかを聞くと効率よく勉強することができます。

授業だけじゃない!いろんな勉強をしよう!

英語の勉強をする

英語や語学の習得について「勉強してみたいな〜」と漠然と考えている人は大学在学中がチャンスです。

社会人になるとゆっくり勉強する時間の確保が難しいので、時間のかかる言語系の勉強は大学在学中にみっちりやるのがおすすめです。

また、大学には留学生も在籍していると思うので、友達になればモチベーションアップにも繋がって一石二鳥です!

資格の勉強をする

私は理系の学部だったのであまり意識していませんでしたが、文系の友達の中には取得した資格を就活でのアピールに使う人もいました。

  • TOEIC
  • 簿記
  • MOS
  • ITパスポート
  • 秘書検定
  • FP技能検定

はオススメの資格です!

お金の勉強をする

投資信託・株・保険などのお金の勉強は、大学生のうちから理解しておくと便利です。

アメリカの学生には7 pocketという考え方があり、1つの職業から収入を得るのではなく、複数の仕事を持つことで失業した時のリスクを分散するということがメジャーになってきています。

働き方、稼ぎ方はこれから多様になっていくので、今から本などから知識を得ることはとても役立ちます!

プログラミングの勉強をする

「なんだか難しそう…」と思っている方は、その考えを捨ててください!

ネットで検索するとやり方はたくさん勉強できるので初心者でもかなり簡単になっています。

私のおすすめは「progate」というサービスです。

スマホアプリとパソコン版の2種類ありますが、パソコン版で勉強すると無料でかなり楽しめます。

実際私の場合、progateと本で2ヶ月くらい勉強して、ホームページの作成や簡単なwebアプリをつくることができました!

コーディングにおすすめのアプリはWindowsだとBrackets, macだとAtomが使いやすいです。

また、研究などで本格的にCやC++を扱う人はVisual Studioをダウンロードする必要があります。

プログラミングにおすすめ
コーディングアプリ
実際作成したホームページ

免許を取る

これも時間に余裕のある大学生のうちに取得することをおすすめします。

免許を取るには「通学」と「合宿」の2種類あります。

夏休みなど長期休暇を利用して2週間程度の合宿に参加するとかなり短期間での免許取得が可能です。

私は部活やバイトがあったため通学にしましたが、だらだら通い続けたので半年弱かかりました… 。

金額は20万〜30万円の間で、合宿の方が少し安い場合が多いです。

免許を取るためには筆記と実技の2種類をクリアしなければならず、数十項目ある授業をそれぞれ受けた後、試験を受けます。

第1関門として仮免許取得という壁があります。教習所の中だけで車を運転していてもしょうがないので実際に市街地に出て車の運転練習をするために仮免許の試験に筆記と実技の両方をパスしなければなりません。私は下宿先から1番近い教習所に通っていたので不便なく都合のいい時に通うことができました。

しかし、最後に試験を受けて運転免許を取得するときは住民票に基づいた運転免許センターで試験を受けなければなりません。私の下宿先は大阪で、住民票は兵庫県だったため、最後は帰省先でテストを受けました。

大学が実家から遠い人は住民票を下宿先に移しておくとわざわざ帰らなくて済みます!

髪色を変える・ピアスを開ける

職種にもよりますが、今の日本は派手な髪色やピアスをつけたままでの就職活動、仕事は難しいですよね。

髪の毛を明るく染めてみたい… 、似合うかどうかわからないけど試してみたいカットがある… 。

そういう思い立ったことは環境、時間ともに余裕がある大学時代にやるしかありません。

やってみたい!と思ったことはなんでもチャレンジしてみましょう!

ちなみに私は大学3年生の時に思いっきりブリーチをしてみたり、ピアスも4つくらい空いています。自分がしてみたいな〜と思っていたことなのでやって良かったです!

「やって後悔よりもやらない後悔」の方が後味悪いと思うので後悔のない選択は大事ですよ!

いろんなバイトを経験する

今は転職の珍しくない時代になってきましたが、社会人になって仕事を始めると簡単に別の会社に移ったり、何ヶ月かで辞めて別の仕事をしたりというのは難しいですよね。

大学は4年もあって、いろんなバイトを経験できるチャンスです。

私も飲食、家庭教師、ツアーガイド、ドラッグストア、Webライター、翻訳などいろいろ働いてみて、全部自分のためになったし楽しかったです!

恋愛をする

年を重ねると相手に対する条件が多くなっていくという言葉があるように、働いてから恋愛をするとなると好きという気持ちだけで付き合うことに抵抗がある人が多いというのが現実です。

だからこそ、学生時代は純粋に自分の気持ちだけで恋愛を楽しむことができます。

大学や大学院は最後の学生時代であり、学生だから楽しめる恋愛を経験できるラストチャンスです。

恋愛をすることで心も豊かになり、うまくいかなかった時は自分を見つめ直したり、対人関係を再構築できる良いきっかけになります。

遊んでいるように見えて、常に思考はフル回転することになるので、恋愛は最高の自己成長に繋がるというふうに私は考えています。

また、学生時代に恋愛をすることは社会人になってからの恋愛で気持ちをコントロールできるようにする予防接種だとも言えます。

大学で恋愛しておくことは今の時間を大切にすることと未来に繋がるという両方でとても大事なんです。

最後に

大学生は人生の中で1番自由時間が長いです。有効活用できればかなり充実したキャンパスライフを送ることができます!

旅行や留学、勉強など時間を取られるものは是非、大学生のうちに経験してみましょう!

もりもり

もりもり

大阪府立大学 工学域・化学工学課程 大学4年

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

8+

この記事をシェアする