【入試本番直前!】To do list

大阪府立大学工学域物質化学系学類4年生のもりもりです。

大学入学共通テストまで、あと残りわずかとなりました!

今回は、入試直前にやるべきこと!というテーマで私の体験談に触れながらお話させていただければと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです!

国語

現代文、古文、漢文と3つの分野それぞれに言えることですが、直前は今まで覚えてきた単語や文法などの復習に力を入れるようにしました

現代文は入試直前に点数が大幅に上がる可能性は低いです。しかし、古文と漢文なら文法、単語を固めれば解ける問題が少なくないので最後まで諦めずに覚え抜くことを意識しました。

数学

直前は公式・問題の解き方(解くまでのプロセス)をしっかり押さえました。

私もそうでしたが、数学に苦手意識のある方は、直前に焦っていろいろな問題に手を出しがちです。しかし、先輩や学校の先生にアドバイスをいただいて、今まで使ってきた教科書や参考書の復習をしたら、本番も落ち着いて臨むことができました。

また、過去の問題から出題される範囲はおおかた決まっています。

三角関数、数列、確率、微分、積分など暗記が重要とされ、かつ毎年出題されている範囲などは必ず押さえておくようにしました。

数学の公式や問題の見直しは青チャートを使っていました
わかりやすくまとめられていてオススメです

物理・化学・生物

数学同様、新しい問題には取り組まず復習に力を入れました

物理、化学、生物の分野は特に、覚えていれば解ける問題を、しっかり頭に入れていなかったがために点数を落としてしまったと言っていた友達が何人もいました。

既存の知識の確認作業が重要です。

物理の対策には「物理のエッセンス」を使っていました
1番公式がわかりやすくまとめられていて見やすかったです
化学は、学校の教科書を大事に使っていました
好みもあるので自分の使いやすい参考書で対策しても全然良いと思います

地理

地理の勉強は学校の授業と黒本で対策していました。試験直前は黒本で間違えた問題をノートにまとめていたのでその見直しなどして自分の心を落ち着かせていました。

メンタル面

私も受験生のとき、本番はとても緊張しました。おそらく人生で最も緊張し、1日がとても長く感じられたと思います。

心を落ち着かせるためにも健康管理、時間管理が大切だなと感じたので私が実際にやったことをシェアしたいと思います。

健康管理ですが、しっかり食べてしっかり寝ることです。当たり前のように聞こえますが、1番大事なことです。また、受験当日は朝早く起きるため、1週間前ほどから朝に早く起きる生活を続けました。

また、睡眠習慣を整えるために、朝だけではなく夜にもアラームをセットしました。

あと、各科目のアドバイスでも何回か述べましたが復習を疎かにしないことで本番を落ち着いて迎えることができたので、知っている単語をもう1回見直してみる等おすすめです。

試験当日

忘れ物の確認をしました。受験票、時計の確認はしておかないと忘れた時に試験会場で焦ることになります!

また、会場は寒いのでカイロを3つ持って行きました。

さらに、休憩時間は誰とも話さず頭を休めたり、次の試験分野の見直しに専念しました。

(1番やってはいけないのはやり終わった科目の答え合わせです!不安になると次の試験科目を迎える時に不安定なメンタルで受けなければなりません!)

また、お菓子はチョコレートを持って行きました。

試験当日に食べていたGABAのチョコレート
普段から疲れた時によく食べてました

最後に

いかがでしたでしょうか?

みなさんも本番、不安になると思いますが、焦らずにいい緊張感で臨めることを期待しています!

もりもり

もりもり

大阪府立大学 工学域・化学工学課程 大学4年

この記事が気に入ったら
いいね!して応援しよう!

49+

この記事をシェアする